財布市場:コードバンとは
財布/通販『財布市場』
財布市場のトップへ


コードバンとは

コードバンは主にスペインまたはフランス産の比較的大きな馬から採れます。
この馬はかつて、農耕用・食用として飼育されていましたが、現在では食用としてのみ、ごく少数生産されているだけです。
馬一頭から取れるコードバンはごくわずかです。
それは尻の革のごく一部でしかないからです。
馬の尻の艶やかな表皮の下にコードバン層があります。
革の裏側を丁寧に削ってゆくと厚さ2mm足らずのコードバン層がやっと現れて来ます。
これが、革の宝石と言われる由縁です。
つまり、硬い表皮に守られてさらにキメが細かく、丈夫なコードバン層が、革の中に眠っているのです。
なぜ、馬の革の中にコードバンがあるのかは不明ですが、それが天敵から身を守るための進化だとしたら、比較的足の遅い馬に発達したと言うこともうなずけます。

コードバンは尻の中心部分で形が眼鏡に似ていることから、革業界では「メガネ」と呼ばれています。
しかし、キズが多いため、完全な「メガネ」が採れるのは、極めて稀なのです。
コードバンは牛革などよりかなり高価ですが 完全な「メガネ」は、更に倍近い値段で取り引きされます。

また、コードバンは、世界でも1ヶ月に数千頭分程度しか採れません。
しかも、1頭からほんのわずかしか採れないので、とても貴重な革なのです。

コードバンはランドセルに多く使われていますが、とても希少な革なので、ほとんどのランドセルはコードバンに似せた牛革や合皮です。
コードバンは摩擦や擦過に非常に強いため、最低でも6年間は使うランドセルに最も適しているのです。
コードバンの染色方法は、染めると言うより何度も色を塗り重ねるといった方が正確です。それも耐久性が高い要因の一つですが、とても手間がかかります。

ちなみに、コードバンの名前の由来は、「コルドバ」という地名です。
この「コルドバ」と言う町は、スペインとアルゼンチンにあります。
一般的にはスペインが発祥の地だと考えられていますが、確かな証拠はありません。

コードバンの商品一覧へ



 店長にメールを送る


 形で財布を選ぶ
二つ折り財布(小銭入れ付き)
二つ折り財布(小銭入れ無し)
長財布
ファスナー財布
三つ折り財布
小銭入れ
がま口
パスケース(定期入れ)
名刺入れ
カードケース
キーケース
その他の小物
お手入れ用品・アクセサリー


 革で財布を選ぶ
革の宝石コードバン
皮革専用牛の生成りヌメ革
伝統技術「柿渋染め」本牛革
野生の香りクロコダイル(ワニ革)
軽くてやわらかポニー革
名人技こだわりの鹿革
まだまだあります本革製品
数量限定!プレミアム価格の特注品
お手入れ用品・アクセサリー
スキミング防止機能付きコードバン(販売休止)


 財布市場の説明
ご注文方法
お支払い方法
配送/返品について
会社概要
お手入れ方法
対応機種一覧
サイト利用規約
個人情報保護の方針
お問い合わせ


革財布日記日記財布市場Q&A集Q&A


財布 このページのトップへ
財布、長財布、名刺入れ、キーケースなら 財布市場のトップへ


2018年02月13日(火)更新
(C) 2005 E.R.C.財布市場 All rights reserved.