財布市場:お手入れ方法
財布/通販『財布市場』
財布市場のトップへ


お手入れ方法

特別なお手入れ用品は必要ありません。
下記の2点にご注意いただけば十分です

 水濡れはすぐに落とす
濡れたら、出来るだけ5分以内に水分をふき取って下さい
革製品にとって水分は大敵です
革だけでなく、内側に使われている芯にも影響し、型崩・カビの発生の原因になります
濡れた後は、よくふき取り、陰干しして乾燥してあげて下さい。

ふき取る場合の注意事項は、使う布です。
化学繊維の布は、革の表面に見えないキズを作ってしまうため、使用しないでください。
例えば、身近にあるもので有効だと思われるのは、男性用の下着です
この場合は、縫い目を外しておくことが大切です

 汚れはすぐに落とす
汚れた場合は、急いで擦るのは避けてください
いくら天然の細かい繊維で拭いても、「汚れ」が革にキズをつけてしまうことがあるからです。
また、本革は繊維が細かいので、汚れが刺さってしまった場合には、かなり落ちにくくなってしまうことがあるのです

汚れを発見したら、振ってみるか、息を吹きかけて飛ばしてみてください
普通、何気なく擦ってしまう汚れも、この程度の風で簡単に取れることは、意外に多いものです。
拭いたせいで、落ちにくくなるなどということも、日常的に、よくやってしまっていることなのです。

それでも落ちない場合は、掃除機を使います。
タオルなどを吸気口に巻いて、汚れを吸い取ります。

掃除機でも落ちない場合は、消しゴムを使いましょう
消しゴムは、とても細かい粒子で出来ています。
そのため、革と汚れの間に入り込むことによって、汚れを落としてくれるのです。
汚れを上から押さえつけないように気をつけて、やさしくゆっくりと擦ってください



 店長にメールを送る


 形で財布を選ぶ
二つ折り財布(小銭入れ付き)
二つ折り財布(小銭入れ無し)
長財布
ファスナー財布
三つ折り財布
小銭入れ
がま口
パスケース(定期入れ)
名刺入れ
カードケース
キーケース
その他の小物
お手入れ用品・アクセサリー


 革で財布を選ぶ
革の宝石コードバン
皮革専用牛の生成りヌメ革
伝統技術「柿渋染め」本牛革
野生の香りクロコダイル(ワニ革)
軽くてやわらかポニー革
名人技こだわりの鹿革
まだまだあります本革製品
数量限定!プレミアム価格の特注品
お手入れ用品・アクセサリー
スキミング防止機能付きコードバン(販売休止)


 財布市場の説明
ご注文方法
お支払い方法
配送/返品について
会社概要
お手入れ方法
対応機種一覧
サイト利用規約
個人情報保護の方針
お問い合わせ


革財布日記日記財布市場Q&A集Q&A


財布 このページのトップへ
財布、長財布、名刺入れ、キーケースなら 財布市場のトップへ


2018年02月13日(火)更新
(C) 2005 E.R.C.財布市場 All rights reserved.